介護職 ストレス 退職

介護職員が、ストレスが原因で退職するケースとは?

介護職員が、ストレスが原因で退職するケースとは?

高齢社会となった現代日本には介護職が欠かせない職業として重宝されているのですが、その反面、安い賃金での肉体労働や人間関係のトラブルなどからストレスが多い仕事としても知られています。

 

介護職のストレスから退職までの流れとは

 

そのためストレスなどの理由から退職をするという人も多いのですが、実際に退職するまでの流れはどのようになっているのでしょうか。

 

ストレスを感じやすいとされている人間関係

まず介護職として働く中でストレスを感じやすいとされているのが人間関係であり、その理由としては幅広い年齢層の人たちが働くことができる環境であることなどから、それぞれの年齢や世代が異なっているという事などが挙げられています。

 

ストレスを感じやすいとされている人間関係

 

そのため、考えが合わなかったり意見が衝突してしまったりするとストレスを感じやすくなっているのですが、例えばここで同僚や上司の中に愚痴を言えるような円滑な人間関係ができていれば問題がないのですが、そのような関係ができていなかったり上司とトラブルを起こしていると言う場合には余計に関係が悪化してしまうことがあります。

 

賃金面や利用者との関わりで・・

その上賃金も他の業種と比較すると安い部類に入っているため、やる気などが削がれてしまいがちですし、職場の人間とだけではなく、高齢者ともトラブルを起こしてしまう可能性があるので余計にストレスが溜まりやすくなってしまいます。

 

賃金面や利用者との関わりで・・

 

労働環境でも・・

そして労働環境としても不規則なシフト制度を導入しているところが多いので、身体的な疲労が蓄積しやすくなり、これらの条件が重なることによって、ストレスから精神的および肉体的な疲労が、どんどん病気という形で出てきてしまう事もあるようです。

 

労働環境でも・・

 

全てがそうとは限らないとされていますが、介護職員が退職する流れとしては、このような形式で退職を選択してしまうという人が多くなっていると考えられています。


ホーム RSS購読 サイトマップ