介護 円満退職 体力

【介護職】体力的な負担が理由で円満退職したい時の方法とは

体力的な負担が理由で円満退職したい時の方法とは

介護職は離職率が高く、残念ながらなかなか長く勤め続けることが難しい職業です。体力的な負担がきついこと、夜勤や、無理な体勢の作業による腰痛など、頑張ってしまう人ほど自分を追い詰めて精神的にもボロボロになって辞めざるを得ない状況にもなってきます。

 

体力的な負担が理由で円満退職したい時の方法とは

 

そのため、多くの介護施設や病院などで人手が常に足りず、希望した時期に円満に退職することが難しい状況があるのです。

 

いったん休職して体を休めてから、いずれまた近隣で同様の仕事を探したい、と思った場合には、あまり乱暴に自己都合で退職するのも得策ではありません。

 

どうしたら、円満にその職場を離れることができるでしょうか。おそらく、そこに属するほとんどの介護職の皆さまが、ぎりぎりの状態でお仕事をされていることでしょう。

 

「あなただけがしんどいわけじゃない」と引き留められる可能性も多々あります。よって「疲れたから」「つらいから」という理由で退職を申し出るのは得策ではありません。

 

嘘でも説得力のある理由を考えましょう

そこで嘘でも説得力のある理由をつけておくことが大切になっており、結婚や妊娠・育児や介護など家庭の事情で止むを得ないと言う風に装うと周囲も納得しやすいと言われています。

 

嘘でも説得力のある理由を考えましょう

 

特に女性はこのような理由で納得や理解を得やすいとされていますし、これらを笑顔で伝えることで会社や職員に不満があるというわけではない事をアピールすると円満に済ませることができます。

 

他の理由としては、前向きに「新しい資格を取るための準備をしたい」、「学校に通ってみようと思う」という理由を申し出てみては如何でしょう。

 

それが介護の資格でも、そうでなくても、その人のキャリアとスキルを向上させるための時間の捻出です。それを差し止める権利は職場の側にはないのですから。

 

また退職する意思を伝えた後も普段通りに過ごすようにすることが大切で、楽しそうにしていたり落ち込んでいると場の雰囲気を悪くしてしまうことがあるので注意が必要です。


ホーム RSS購読 サイトマップ